デザイン入稿について│オリジナルTシャツ製作のチットプラス

データ入稿について

簡単無料見積もり

シンプルプラン

コミコミプラン極

コミコミプラン

お問合せフォーム

リピートの方

自動見積りシミュレーター

プリントについて・コンテンツ

LINEでお問合わせ

オリジナルユニフォーム特集

営業時間のご案内

営業カレンダー

AM:8:30〜PM0:00
PM:1:00〜PM5:30

TEL:0800-888-2050
FAX:058-200-4359
MAIL:info@cittolus.com
定休日:日・祝祭日
(土曜は不定期で営業)

会社概要

会社概要

トップ > デザイン原稿の作り方 > データ入稿について

データ入稿について

対応データ
対応データ
  • デザインソフトは「Adobe Illustlator」「Adobe Photoshop」を推奨しますが、基本的にどのソフトで作成されたデータでも構いません。
  • 文字データは原則アウトライン化でご入稿ください。
  • カラーモードはCMYKで作成してください。
  • AI,PSバージョンは最新版対応
  • 画像解像度は、実寸サイズで150〜300dpiを推奨。ご不明な場合は確認いたしますので一度弊社までデータをお送りください。
    全面プリント…実寸で150dpi(300dpiでも仕上がりに大きな差はありません)
    フルオーダー昇華…実寸で150dpi(300dpiでも仕上がりに大きな差はありません)
  • 色指定がある場合には、事前にDICカラー、Pantonカラーの色見本から、カラー番号をお知らせください。イメージでも構いません(濃い目、薄め等)伝えて頂く事で、思った仕上がりに、より近くなります。
  • 生地への印刷は紙などの印刷と若干違いがあります。100%同じ色調にはなりませんので、ご了承下さい。
  • 50MBまではメールで受信する事ができますが、それ以上の場合は無料で利用できるデータ転送サービスをご利用ください。
よくあるご質問
お客様より頂いたよくあるご質問です。
質問内容をクリックして、画像付きの解説ページをご覧ください。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

原稿データの送付

ファイルをEメールに添付して入稿(10MBまで)
  • 見積りご依頼時、既にデータがある場合は、お見積りフォーム送信後に別途メールに添付してお送りください。
    ※フォームにデータ添付機能はございませんのでご了承ください。
  • データについてのお問合わせの際は、下記のボタンよりデータを添付し、ご要望・ご質問を添えてお送りください。
データ容量10MB以上になりますとセキュリティーの関係上受信できませんので、ご注意ください。
※分割ファイルは当店のセキュリティ上受信ができません、ご注意ください。
10MB以上のファイルの場合
送付するファイルが10MB以上となる場合、下記のファイル転送サービスをご利用ください。
【ファイル転送サービス】
GigaFile」(1ファイル200GBまで可能)
データ便」(100MBまで可能)

【送付先メールアドレス】
info@cittoplus.com

※「製作希望アイテム名」「お客様のお名前」は必ずご明記ください
※分割ファイルは当店のセキュリティ上受信出来兼ねますのでご注意ください。

デザイン範囲について

基本的な最大印刷範囲は「A3サイズ内」、キッズサイズ(〜150cm)は「A4サイズ内」です。ウェアの種類や仕様(ポケットの有等)により印刷範囲は異なります。又、 希望プリント箇所に応じた規格サイズ内に収まるように、実寸に近いサイズで作成頂くと、綺麗な仕上がりになります。

■プリント最大範囲の目安 ■規格サイズの比較



デザインテンプレート

デザインテンプレートをご用意しております。デザイン作成の際や印刷してラフイメージの作成にご使用ください。
テンプレートをご使用頂かなくても、デザインデータのみお送り頂くだけでも結構です。

■Tシャツ
FRONT / BACK
■ポロシャツ
FRONT / BACK
■トレーナー
FRONT / BACK
■ブルゾン
FRONT / BACK
■パーカー
FRONT(ジップ無/ジップ有) / BACK



デザインサンプル

デザインの作成の際、Citto+では様々なサービスをご用意しています。是非ご利用ください。
  • デザインシステム … 誰でも簡単にウェブ上でデザインが作成できます(無料)
  • カラーマッチング … ウェアカラーとデザインカラーの組合わせを確認できます
  • デザイン集 … デザインの参考になるデザイン集です。データの一部使用も可能です
  • 製作例 … Citto+で製作して頂きましたお客様のお写真等をご紹介しています

デザイン製作時のご注意(カラーモードについて)

デザイン製作時のカラーモードは「CMYK」で作成してください。 以下その解説となります、ご一読ください。
カラーモード(RGB、CMYK)の解説

CMYK
CMYKとは、シアン(=C)、マゼンタ(=M)、イエロー(=Y)の三原色にブラック(=B)を加えたものです。理論上は色材の三原色を重ね合わせるとブラックになるはずなのですが、通常の印刷インクではきれいに出せないためにブラックが入ります。

RGB
RGBは、レッド(=R)、ブルー(=B)、グリーン(=G)の光の三原色です。テレビやパソコンのモニターなどは、この三原色の波長の光を使って色を表現しています。

色域について

CMYKとRGBでは色域(カラースペース)と呼ばれる色の範囲が違います。モニターなどに使われるRGBが表現できる色域と比べると、印刷に使われるCMYKの色域は狭く、表現できる色の範囲がずいぶん違います。RGBには、印刷で表現できない色が含まれているのです。

デザイン制作時のカラーモードについて
RGBカラーモードで制作した場合、そのデザインにCMYKの色域範囲外の鮮やかな色が使われている場合、印刷時にCMYKの近似色に置き換えられるために色がくすみ、イメージが変わってしまいます(citto+では極力お客様のご要望に近いイメージで出力できるよう、色合いは調整しております)
ですので、デザインを作成する際は必ずカラーモードをCMYKにして製作してください。
CMYKで表示できない色域で製作したRGBデータは、印刷(CMYK出力)しますと
同じデータでも若干くすんだ色合いになってしまいます。
パソコンのモニターで表現される色は、モニターのメーカーや設定、環境の違いにより同じデータでも当然色の見え方が違ってきてしまいます。出来上がった商品の色と、モニターで表現される色には差が生じますのでご了承ください。
その他 注意事項
  • デザインのご確認とあわせて、文字・スペル等のチェックもお願いいたします。
  • お客様が最終デザインのご確認をされ製作移行のご指示をされた後
    製作に入ったものに関しましては文字・スペル違いの責任を負いかねますのでご注意ください。
  • 弊社がデザインを作成した場合も同様にお願いいたします。
  • デザインを支給された場合、原則としてそのままの使用とさせていただきます。








ページのトップへ戻る