アウトラインの取り方│Tシャツ、オリジナルTシャツはCitto+!
イラストレーター - アウトラインの取り方
お客様がイラストレーターで作成されたデータは、必ず「アウトライン化」を行ったデータでご入稿頂きます。アウトライン化とは、文字データを輪郭のデータにする事です。

アウトラインを取っていない場合、受け取ったデータを開いた時、お客様がご使用されたフォントがこちらに無いと代替のフォントで表示されてしまい、本来お客様がご使用頂いたフォントと異なって表示されてしまいます。ですので、ご入稿前に必ず「アウトライン」を取る作業を行ってください。

お客様のPCでデザインが完成!アウトライン化せずにデータを保存。
データをCitto+へ送信
お客様のお使いのフォントがこちらに無い場合、代替のフォントで表示されてしまいます…。

以下イラストレーターでの「アウトライン化」の手順です。
*バージョンが異なっても基本的には同じ操作です。
@完成したデータを開き、上の「メニュー」から
「選択」⇒「すべてを選択」
を選び、デザインを全選択した状態にします。
A「メニュー」から「書式」⇒「アウトラインを作成」をクリックします。
文字がアウトライン化されました!
こちらのデータをCitto+までお送りください。

*アウトライン化された文字データは、今後文字の内容を変更できなくなります。
アウトライン化を行った後、別名で保存する等、別のデータとして保存してください。



関連コンテンツ
イラストレーターのバージョンを変更して保存 フォントを送る 解像度について


 


▲ページトップへ